理事のご紹介

代表理事

山本 優子

大学で、治療とスポーツトレーナーについて学び、2015年柔道整復師(国家資格)と日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格を取得。

日本の平均寿命に対する健康寿命の低さ、患者の治療家への依存、治療家の技術への依存に疑問を感じ、患者を自立へと導ける『脱力関節調律®』という独自の治療法を開発。

『脱力関節調律®』を開発してお客様ゼロから1年で口コミのみで年間1000件以上の施術を行う。お客様との出会いの中で『ゴルフ関節調律』を開発。2018年に独立し、脱力関節調律®サロン『naturaca』をオープン。2019年4月『目かくしゴルフ』を出版し、AmazonランキングPOD部門1位を獲得する。起業わずか半年で、一般社団法人日本脱力関節調律協会を設立し、代表理事に就任。現在は、より多くの人に『脱力関節調律®』『ゴルフ関節調律』を届けるために、お客様の施術だけでなく、脱力関節調律師・ゴルフ上達関節調律師の育成に力を入れる。

2019年4月 『目かくしゴルフ』出版

理事 / 監修

整形外科医 秋田 護

日本大学医学部卒業後、初期研修を経て、日本大学医学部整形外科学教室に入局。

大学病院、関連病院に勤務。

一般整形、高エネルギー外傷、骨軟部腫瘍等を中心に診療に従事。

日本整形外科学会専門医、医学博士を取得。その後、大学医局を退局。

NGOに所属し東南アジアの途上国の中でも最貧国に分類されるラオス、カンボジア等で医療ボランティアに参加。様々な制約の中で医療とは何なのかを考えることになる。

途上国支援を通して、今まで日本で見てきた医療は特殊で限定的なものだったことに気づく。

その後は国際協力、途上国支援、健康や幸せについて独自に学び、講演活動も行う。

理事

歯科医師 野田 潤一郎

医療法人歯潤会
理事長

すみれデンタルクリニック
院長

中目黒リバーサイドデンタル
クリニック 院長

チェルシーデンタルクリニック
院長